• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
  • Go to Book of Curses.

* Book of Curses [#p5733346]
|カード番号|分類|勢力|種族|コスト|効果|h
|[[se>http://www.shadowera.com/cards/se100.jpg]]&popup(100,http://www.shadowera.com/cards/se100.jpg,image);&br;|アーティファクト|-|プリースト|3|常時:全ての敵Allyの攻撃力を-1する。|

[[Kristoffer Wyld]]、[[Brutalis]]の存在価値を無に帰しアリー戦を有利に進めることの出来るカード。~
[[Tidal Wave]]まで耐えなければならないときなどにも有効。~
***プレイングのコツ [#qb8e51ae]

対戦相手がアリーを並べる前に場に出してはならない。~
[[Kristoffer Wyld]]、[[Brutalis]]等が一枚場に出ている際にCurseを出すと1:1交換だが~
Curseを先に出すと相手は[[Kristoffer Wyld]]、[[Brutalis]]等は場に出さずリソースに回すため~
このカードの有効性が薄れてしまう。

[[Infernal Gargoyle]]、[[Death Mage Thaddeus]]が相手の選択肢にあった場合~
場にCurseがあるとDeath Mageを選ぶだろうが、無ければGargoyleかもしれない~
Gargoyle→Curseと決まれば普段なら相打ちの[[Aldon the Brave]]でも十分処理できる。~
細かいことだがタイミングをみて使用して欲しい。~
~
また、細かい事を考えなくても、相手のアリーに攻撃される回数分のライフアドバンテージが得られる。~
[[Zhanna Mist]]など、長期戦に強いヒーローだとその効果は更に大きい。~
もちろん、反撃のダメージも小さくなるため、アリー同士の攻防にも強くなる。~
[[Portal]]に対しても多少の耐性ができる。

***弱点 [#c4f2f744]
減少できるのは攻撃力のみなので、[[Death Mage>Death Mage Thaddeus]]や[[Plasma Behemoth]]の能力のダメージはそのまま通る。~
序盤に出した方が効果は大きいため複数枚投入したいが、2枚目以降は役に立たない。押している時も役に立たない。~

***その他 [#u1dda07f]
外部リンク:[[War BannerとCurseの比較>http://d.hatena.ne.jp/shadowera-fan/20110502/1304355240]]
Ver1.503で名称変更

--------------------------
コメント
#comment(below)
- 壊されにくいメリットがあるね。ただ、うまい相手だとコンバットトリック気味に壊してくる。過信は禁物 --  &new{2012-06-04 (月) 20:56:41};
- ぱっと効果を見ると凄く優秀に見えるのですが、個人的には評価の難しいカードだと思います。このカードを出さなくても勝てたんじゃないか、という印象が残ります。そもそも[[Tidal Wave]]等で流していればそう何回もアリーから攻撃されない=Curseが軽減してくれたダメージはたかが知れているということになります。自アリーを守る目的で出しても、メイジや[[Zaladar]]の放つ3点ダメージやDeath Mageの前では(対[[Brutalis]]を除いて)状況を左右しません。何となくデッキに入れて何となく場に出し、どれだけ役に立っているのかもわかりづらい、釈然としない印象です。これなら、同コストの[[Smite]]か[[Ice Storm]]で除去してしまった方が、ボード制圧しつつ受けるダメージを予防できるのでは、と思います。 --  &new{2012-05-30 (水) 03:24:08};
- [[Dagger of Unmaking]]等の各種ウェポンや能力のダメージは軽減できないため、[[Reinforced Armor]]の件は削除しました --  &new{2012-05-07 (月) 01:49:04};

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes