MtGとの違い

これからShadow Eraを始めるMagic the Gathering経験者へ。 Shadow EraはMagic the Gatheringに似ている点もあるがもちろん違う点もある。 その差異を簡単な一覧にしてみた。これがあなたのShadow Era入門の一助になれば幸いである。

Magic the GatheringShadow Era備考
呼び方マナ
忠誠度
リソース
シャドウエナジー
呼び方インスタント(存在しない)防御側が操作できない代わりに、テンポ良くゲームを進められる。
呼び方ソーサリーアビリティ
呼び方エンチャント(オーラ)アビリティ-アタッチメント1つの対象に同一カードは1枚しか付与できない
呼び方エンチャントアビリティ-サポートすべてのアビリティ-サポートがunique(レジェンドルールのようなもの)扱い
呼び方クリーチャーアリー、アラィ
呼び方アーティファクトアイテム-アーティファクトすべてのアイテム-アーティファクトがunique(レジェンドルールのようなもの)扱い
デッキ枚数60枚以上40枚以上本来上限はなかったが処理落ちのみを狙った悪用者も出たため、レート戦は円滑な動作ができるように120枚上限
数値上限体力上限なし、手札はターン終了時に7枚以下にディスカード体力等ステータスの数値上限40、手札は常時7枚以下(7枚のときはドローやバウンスできない)
先行1ターン目のハンデドローなしドローなし
シャドウエナジーが貯まらない
戦闘をする相手を選ぶのは防御側攻撃側防御側が操作できない代わりに、テンポ良くゲームを進められる。
戦闘時にダメージを与える順番同時攻撃側が先制攻撃
生物に与えられたダメージはターン終了時にダメージは消えるダメージは残る
本体を攻撃するとき本体は武器を装備して攻撃・反撃したり、鎧を装備してダメージを軽減できる
デッキ切れしてドローできなかったら即負けドロー枚数分のライフロス
コスト土地等から生み出される5色と無色のマナ土地カードは存在しない。不要カードを土地の代わりにしてリソース(色等の種別なし)を生み出す。
その他、勝手に1ターンに1ずつ増えるシャドウエナジーがある。
Lost Landsから土地(Location)カードが追加
土地の機能コストの支払い等コントローラー(味方)とそれ以外(敵方)では扱える機能、性質が違うエンチャントのようなもの
土地の例外無料で場に出せる
基本土地は同一カードを何枚でもデッキに入れられる
無料で場に出せる
土地の制限場に出せるのは1ターンに1枚場に出せるのは1ターンに1枚
場に出せるのは土地ごとに設定された経過ターン後
場に有効な状態で存在できるのは土地という種類のカードでは敵味方あわせて1枚だけ
場に有効な状態にある土地のコントローラーはその土地と同名の土地を出すことはできない

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 16 Apr 2016 01:04:14 HADT (1218d)