Radiant Sunlight

カード番号分類勢力種族コスト能力
se137
アビリティヒューマン-2対象の相手ヒーローは2SEを失う。

プレイングのコツ

1ゲームで相手の能力の使用回数を減らすことができる。
Drain Powerと比べて、SEが溜まり次第、すぐに能力を使うようなヒーローに対しては、
Radiant Sunlightの方が効果的な場合が多い。

もし、相手のHeroアビリティの使用回数を1回でも減らすことができれば、悪くないコスト・パフォーマンスなのは間違いない。
大抵のHeroアビリティは、Radiant Sunlightのコスト(2ccとカード1枚)分以上の威力を持っているからだ。

Boris等のアビリティ使用を2T遅らせると言うことは、そのアビリティで除去されるはずだったアリーで2回余分に攻撃できることになり、ダメージソースにもなり得る。
Heroアビリティを起点にボードを取り返しにいくHeroをはめることができるかもしれない。

このように、理屈から言えば弱くはなさそうなのだが、実際に結果を出せるかは分からない。研究の余地がまだまだあるカードの1つだと思う。

弱点

Radiant Sunlightで2SE削った直後に相手にターンが回って1SE回復するため、
中盤以降のMoonstalkerなど、Shadow Fontを連発し、
3SEで能力が使えるようなヒーローに対しては、大事なところで能力の使用を防げないことが多い。
そのような相手にはDrain Powerの方が効果的か。

2SEというのは決して小さくはないのだが、相手がアリー除去能力を持つヒーローなら、
このカードより3コスト程度のアリーを出して能力を使わせた方が効果的。
やはりコストの低さを加味しても、カードパワーでShadow Fontには勝てないと思う。

ダメージソース、避雷針としての役割も持つPOL
同じ2コストのHumanアビリティで言えば、Retreat!の方が汎用性が高く、圧倒的に採用されやすい。

その他

Ver1.503で大幅に強化。
コスト:3→2
対象:お互いのヒーロー → 相手ヒーロー
これでShadow Fontにも引けをとらない?


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 29 Jan 2014 05:51:30 HADT (2314d)