Retreat!

カード番号分類勢力種族コスト能力
se132
アビリティヒューマン-2対象のアリーをオーナーの手札に戻す。

敵味方どちらでも対象に取ることが可能。
ヒューマン側最優秀カードのうちの一つ。

プレイングのコツ

戻したAllyを再召喚するとステータスは初期値に戻るので、
Ogloth the GluttonAeon StormcallerElementalisなどでステータス強化されたAllyを戻したり、
対象のアリーに付与されている(Attachment)カードは外れるので、
Captured PreyCrippling Blowなどで無力化された味方を回収・召喚して復帰させたり、
Life InfusionSurprise Attackなど敵の強化を外す目的でも使える。

紳士を回収、再召喚しての連続攻撃も可能。削りや武器防具の破壊にどうぞ。
その際、The King's Prideもあれば、わずか4コストで6ダメージを与えることができる。
自分のLily Rosecultに使うと疑似Master Smith
自分のPriest of the Lightに使うと疑似Drain Power

相手の(できるだけコストの高い)アリーを戻しつつ、こちらも一体召喚する展開が理想。
例えばGraveboneSupernovaを打ってMolten Destroyerを蘇生させても、
返しでRetreat→Jasmineと繋げればMDを後出ししにくくなる。
相手にその分リソースを消費させて展開を遅らせるだけでなく、このようにボード支配に大きく貢献する。
召喚できなくても最悪、対象のアリーの攻撃を1回分減らすことができる。
もしVoice of Winterが出てれば、3回も減らすことができる。

Bad Santaとも相性が良い。相手の手札が3枚以上あるとき、相手のアリーを手札に戻させることで引かせるカードの枚数を減らせるからだ。

Dimension RipperGravedigger's Cloakで奪われたアリーに使えば、
なんと自分の手札に戻ってくる。決まると2コストとしては破格のアドバンテージ。
等々攻めにも守りにも使える汎用性の高いカードである。

弱点

相手の手札が7枚の時は戻すことが出来ない。
また召喚時に効果が発動するBelladonnaShadow Knight
Priest of the Lightの場合、基本的に相手のAllyに使用するべきではない。
また小型のアリーを戻してもリソースに回されてしまうので、出来るだけ大型のアリーに使いたい。

DP以降になって、Retreat!を無効化する新たな難敵ステッドファスト(破壊されない限り場から離れない)が登場。
墓地利用を封じるSpirit Wardenや放っとくとどんどん巨大化するKnight of Unaxio、火炎属性デッキの要であるInfernus, Tyrant of the Damned?、エレメンタル待望のドローソースであるStardust Extractorなどがこれに該当する。
とくにメイジには、FireballSupernovaRetreat!がことごとく効かないInfernus, Tyrant of the Damned?は相当厄介。

また、SFにおいてついに7コストアリーが解禁されたが、残念ながらDakrath以外は強力なCIP能力を持つため、考えなしにRetreat!するのはオススメ出来ない。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • ↓納得しました -- 2013-07-30 (火) 20:15:33
  • ↓手札が7枚以上あると、場にあるカードが手札に戻せなくなるルール -- 2013-07-30 (火) 13:59:27
  • Bad Santa使った後に、Retreat! が使えなくなるんだけどバグですかね? -- 2013-07-29 (月) 23:42:32

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 20 Jan 2014 12:02:56 HADT (2326d)