Selfishness

カード番号分類勢力種族コスト能力
se147
アビリティシャドー-2常時:対象のアリーはプロテクターとディフェンダー能力を失う。以後、そのアリーのコントローラーはこのアリーを対象に取れなくなる。

プレイングのコツ

プロテクターとディフェンダーをもたないAllyも対象にとれ、最低でも「以後相手はこのアリーを対象に取れなくなる」の効果の恩恵を受けることができる。
アタッチメントでAllyを強化する相手を苦しめることができる。

現状だとほぼAeonピンポイントか。
Captured Preyと合わせて使えば完全に機能停止に追い込める。
Uniqueアリーであるため新たなAeonを出されることもなく、
Retreat!Sever TiesHealing Touchで剥がされることもない。
現状だと全く警戒されていないカードであり、相手のAeonが敗因になりやすいと感じる人は一度試してみてはどうだろう。

今後、プロテクター、ディフェンダーを持つアリーや、自分のアリーを対象にするカードが増えれば日の目を見ることがある、かもしれない。

弱点

どう考えてもカード1枚と2コストの価値が無い。
苦しむのはデッキに入れたプレイヤーの方な気がする。
v1.5現在、Defenderを持つアリーで脅威的なものはいないし、
Aeonからプロテクターを剥がしたからといって彼を放置できるのか、できないだろう。
どちらにせよ除去することになるのだ。

その他

対象のアリーと書いてあるが、自分のアリーは対象に出来ない。
なんとRetreat!Healing Touchは対象にできるという報告あり。
なんてことだ…RetreatはHuman側で採用率が非常に高いカードであり、これは致命的だと言わざるを得ない。


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 29 Jan 2014 04:56:35 HAST (2211d)