Ghostmaker

番号分類勢力種族コスト攻撃力耐久度能力
se195
ウェポンプリースト、エレメンタル613Ghostmakerが場にあるときに戦闘においてあなたのヒーローが相手のヒーローにダメージを与えた場合、あなたの墓地の一番上のアリーを体力1の状態で場に出す

プレイングのコツ

そのままでは体力1の瀕死アリーが3体戻ってくるだけのカード。しかしそこを何とかすればよい。

相手のアリーの攻撃で耐久力を削られることを防ぐために、Retreat!を組み合わせても良い。
この1枚のカードで継続的にアリーを場に送り込めるのはResurrectionには無い強み。

Shattered Fatesより加わったヒーローThrebin the Righteousは、SE能力を使用して相手ヒーローを攻撃した場合、墓地から2体のアリーを場に出すことができる。

弱点

そもそも墓地にアリーが居ないと使えない。一番上のカードしか戻せないため、相手にアリーを除去する順番を調整されると、目当てのアリーを場に戻せない。

Dimension Ripperと異なり、相手アリーにダメージを与えた時は効果が無い。

攻撃力が1のため、相手ヒーローがアーマーをつけていると効果が無い。
耐久度3のため、相手の場にアリーが2体以上いると6コストに見合った効果を生み出せない。

戻ってきたアリーも体力1のため、すぐまた死ぬ。
墓地の1番上のカードがuniqueのアリーである場合、場に同じuniqueがいると効果が発動しない。

Ill-Gotten GainsRampageSoul SeekerOgloth the Gluttonの能力をトリガーさせる種を与えてしまう。

総じて、押している時はオーバーキルに、押されている時は腐りやすい印象もあり、かなり玄人向けのカード。

その他

プリーストは Spirit Wardenで墓地のトップを整理したり、Knight of the Golden Dawnを蘇らせて回復できる。

エレメンタルもDeath Collectorで墓地操作ができるほか、Rust WeevilMagma Jackal等死ぬ時に効果を発揮するアリーや、 体力が1でも仕事ができるWulven SavageKairos Doombringerなどとの併用が考えられる。そして、何よりAntimatterで墓地を肥やせるのが大きい。また、高コストを場に戻して、Synchronicityで相手のドローを阻害しつつ、そのアリーを再利用すると言った事ができるようになった。

Tidal WaveSupernovaによって複数のアリーが破壊された時、Allyは場に出された順に落ちる



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 26 Aug 2014 03:51:23 HAST (2287d)