Birgitte Skullborn

カード番号分類勢力種族コスト攻撃力体力能力
se027
アリーヒューマン-102プロテクター:対戦相手はプロテクターの能力を持たないアリーをターゲットにすることが出来ない。

素で攻撃力はないので戦力としてではなく、避雷針の役目としての使用である。
1コストと軽いので他の行動・複数展開も容易。

プレイングのコツ

単体では何も出来ず、カカシ同然。当然のことながら他のAllyやカードとの合わせ技で使用することとなる。
置いておくことで、後続のAllyの生存力が高まる→ボードを制圧しやすい となる。
不利な時においてもすぐに殺され、カードを損失するだけである。(微不利であれば有利に傾けることが出来るケースもあるが)
基本先攻時に強いカードだ。先攻は手札が少ないのにこのカードでさらに1枚割くことになるので、悩みどころ。
何も考えずで出すのではなく、自分と相手のHero・デッキ・コンセプトとボードの状況などを踏まえた上で展開することを心がけよう。
(うまいプレイヤーが初手で出してくると嫌な未来しか予想出来ない。)
例)
対・Zaladar。能力の3点は本体とこのAllyに向くことになり、他のAllyの生存率を高めることができる。
Mind Controlの「匂い」がしたらポツっと召喚。

単体除去しかない相手にはかなり嫌がらせることができる。特にBoris Ter Adun、に劇的に効く。Moonstalkerにもある程度は有効。

組み合わせるAlly
Jasmine Rosecult Marshland Sentinel:安全に能力起動ができる。Birgitte Skullbornとこれらがペアになると切り返すのが難しいだろう。

Aldon:避雷針から戦闘要員へ。Allyへのトドメの1点など攻防一体の働き者になる。
他のAllyも生存率が高まり、仕事をしやすくなる。

一例をあげてみたが、他にも有効に活用できるシーンは数えきれない。
出したタイミング次第ではそのままゲームの勝敗を決定するといっても過言ではない。
使用するタイミングをよく考えて、ボードを掌握しよう。

弱点

押している時には圧倒的に強いカードで、コスト1カード1枚と思えないほどの価値があるが、押されている時は、フレーバーテキスト通りに短命で、場に出て殺されるだけの簡単なお仕事しか出来ない。カード一枚分の価値はないので使用しないこと。
全体除去に対しては全く意味が無いので、Heroによってはもっぱらサクリファイスとなるだろう。
Kristoffer Wyldと同様で、軽いからといって「とりあえず」で出さないこと。
カード1枚というコストもあることを肝に命じよう。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 09 Jan 2014 13:43:02 HADT (2337d)