Zaladar

カード番号分類種族体力能力
se020
exalt020
ヒーローシャドウエレメンタル28[4SE]:異なる対象の2体までの相手ヒーローまたはアリーに3点の電撃ダメージを与える。

更新履歴

特になし。バグFixがなされた程度。
ゲームの進行に影響がある程度のバグだ。修正されてよかった。

解説

創世記~1.26で、多数のElametal Cardが修正(弱体化・バグ修正)されていくが、このHeroの強さが変わることはなかった。

Ver1.27から徐々に復権を遂げたShadow側の英雄。1.28ではトップクラスの能力を誇る。
相手を問わず単体除去できるMind Control、相手の場のみ全体除去できるEnergy Discharge
ヒーロー能力がLightning Strikeもどきと非常に優秀。しかもShadow Fontを組み合わせることでさらに強力に。
使いどころは難しいがドローも出来る優秀な武器Dimension Ripper

と、他ヒーローから垂涎の的となるカード満載である。

プレイングのコツ

Zaladarはカードドロー能力に欠けるため強力な手札をいかにして温存しつつ
無駄なカード使用を控えつつ場をコントロールし勝利するかというヒーローである。

不用意にサクリファイスしてリソースを増やし=手札を減らし過ぎたり、無駄にアリーを並べて一斉除去されると逆転は難しい。
強力なカードを大切に使っていこう。

自身のヒーロー能力と軽量アリーを使って序盤のボードをとりたい。
能力で3ダメージも入れられるため、2~3コストのアリーには
攻撃力よりも耐久力に優れたBrutalisInfernal Gargoyle
即座に1ダメージ入れられるDeath Mage Thaddeusの採用率が高い。
例えば、Brutalis+能力=4ダメージ+3ダメージ
Death Mage Thaddeus+能力=4ダメージ+3ダメージ
と、PuwenAldon the Braveといった多くのヒューマンアリー2体を狩れる。
後攻3ターン目は下手にアリーを出して殺されて手札を減らすより、
Here Be Monstersでカードアドバンテージを確実にとって4ターン目から巻き返すこともできる。

(例)後攻3T目にInfernal Gargoyleを場に出した場合
先行のPuwen、Aldonに対してGargoyleを出す。
相手はPuwenがZaladarの能力で殺されることを予期し、Gargoyleに反撃を貰いつつも攻撃、Aldonで止めを刺す。Tainted OracleWizent's StaffBlood FrenzyJeweler's Dreamはもちろん、PuwenとAldonの死期が近いことを読んでのWrath of the Forest、Gargoyleをエサにして即時1ドローのIll-Gotten Gains、同じく即時1ドローのTome of Knowledgeなど、リソース4で強力なドローエンジンを場に出されてしまう。後攻4T目で能力+Burtalis(or Death Mage)でPuwenとAldon破壊するも、この時点で手札4枚、相手のドローエンジンの前に後半戦はどっと負担が来るかもしれない。Here Be Monstersを採用しない場合は、Bad SantaDimension Ripperで上手く手札の差を埋めたい。

(例)後攻3T目にHere Be Monstersを打った場合
先行のPuwenとAldonから6点ダメージを貰うも、能力+Burtalis(or Death Mage)でPuwenとAldon破壊し、この時点で手札5枚。相手のターンに回って相手はリソース3で手札3枚、この状況で尚3コスト以下のカード(特にアリー)を相手が所有している可能性は低く、4コストのドローエンジンも場に出せない。次のターンに場に出せたとしても、Ill-Gotten GainsWrath of the Forestでは些か遅すぎるし、Plasma Behemothが降臨する頃だ。

このように場のアリーを2体除去した上にリソースも0対1交換で破壊できれば、ドロー能力の低さを補うことができる上、相手のテンポを崩すことができる。
また、先行4T目Shriek of VengeanceTome of Knowledgeを破壊→Here Be Monstersと繋げる事も出来る。相手の場にアリーがいない、いてもこちらの優位を確保できそうな場合、リソースを増やさず打っても良い。

後はShadow FontMind Controlでフタをしてボードを維持しながらDimension Ripperを振り回せば、手札を増やしながら相手のライフを確実に削っていける。

おすすすめデッキはこちら

弱点

ドロー能力に欠けるため手札破壊やリソース破壊やアリー破壊を継続されると苦しくなる。
長期戦やアイテム処理も苦手である。

その他

Sparkに代表される低コストアリーとShard of Powerを主に据えたウイニーデッキも存在する。 こちらは最速だと3ターンキルも可能。
30枚デッキの時に活躍できる。CPUで稼ぎたい場合は最適だ。
(現在はオンライン対戦40枚下限のため、対戦用としてオススメできるデッキではない)


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 15 Jan 2015 23:37:37 HAST (2145d)