Boris Skullcrusher

カード番号(画像)分類勢力種族体力能力
se001
exalt001
ヒーローヒューマンウォリアー30[4SE]:対象のコスト4以下の敵アリーは破壊される。

更新履歴

なし。今も昔も変わりなくコスト4までのAllyのどたまをかち割る能力(Skullcrusher)である。
数日間であるが、1.28テストサーバーでコスト制限が外されていたのだ!
Plasma BehemothAeon?敵じゃないね。
コストに関係なくカードを跳ね上げる様はまさに無双状態。あっという間に修正されたのは仕方ないことと言えるが。
テストサーバーもプレイすることをすすめる。こういったことを体験できる数少ない機会であるのだ。

解説

Humanの 男性Worrior Hero。
能力が直接的なAlly除去であり さらに武器に頼らないため、戦士の中ではカードの揃ってない初心者でも使いやすい。
Allyだす、なぐる。(Blood Frenzyで)たくさんひく。たくさんAllyだす。もっとなぐる。
じゃまなのはどかす。おおきいのはみんなでたおす。みんなでつよくなってなぐる。

デッキはウィニータイプが適しているが、Blood Frenzyでドローソースに困らないので大型Allyの投入も苦にならない。
新規プレイヤーのために、Hero選択で一番最初に配置されているのも分かる気がする。
初心者から上級者まで幅広く使えるHeroである。

プレイングのコツ

序盤の差し合いにおいて、4コストまでのAllyを除去できる能力は頼もしい限りだ。
どちらの勢力でも3~4コスト圏のAllyは曲者ぞろいである。
1体とはいえ確実にボードから消すことができるのだ。
Hero能力の最大の利点はリソースコストがかからないこと。能力を使用したターンでこちらのAllyを展開して押し返したり、さらにCrippringを使用して複数のAllyを対処するなどして一気に盛り返すことも可能である。
Blood Frenzyによるドロー加速で一気に攻め立てる。リソースを広げ大型Allyを展開するもよし、複数展開もよし。
ボードコントロールとしてCrippling Blowだけでなく、Retreat!も必要となるだろう。
そして、生きた火力Kristoffer Wyld。トリックの少ないこのHeroの応用力を高めてくれるだろう。
適切なAllyのオーダーと状況に応じたプレイングが必要となる。

リセット手段はないので、一度押されたらおわりである。
ミスは許されないのだ。
使いやすいHeroであるが、プレイングはやや難しい。

弱点

Hero能力は5コスト以上のAllyには対応してない。特にPlasma Behemothは危険。
Crippling Blowは気休めにしかならないので、Retreat!で押し戻してこちらのAllyを展開するしかない。
そうなる前にこちらがボードを展開出来ればいいが・・・・。
Dragon's Toothの追加によりだいぶ緩和された。いざという時にだして状況を収めよう。)
4~5ターンの序盤で築いた有利をそのまま押していくタイプのため、防戦になると辛い。
何も出来ずにゲームが終わることめずらしくない。
ほぼBlood Frenzyありきのため、引けない場合はサンドバックになる未来絵図。
なしでもどうにかなることもあるが、それは相手の引きが最悪に近い場合のみ。
Priest of the LightによりSEを削られると1ターン除去が遅れることになり、逆転が難しくなる。
連続して置かれると悶絶必至。トドメとばかりに置かれるBirgitte Skullbornさんがサレンダーを促してくれるだろう。

その他

Shriek of Vengeanceの仕様変更によりThe King's Prideが非常に割られ辛くなった為、後半戦の殴り合いでのアドバンテージを取りやすくなっている。 (1.503から「Ley Line Nexusがあるため過信は禁物。)


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 16 Jan 2015 00:23:51 HADT (1967d)