Gravebone

カード番号分類勢力種族体力能力
se016
exalt016
ヒーローシャドウメイジ26[4SE]:あなたの墓地にいる対象のアリーは場に戻る。

更新履歴

~1.27 [2]:あなたの墓地からアリー1体選び、あなたの手札に戻す。
Allyがたった2SEで手札に戻る。相手がカードを割いてまで倒したAllyでも何事もなかったように手札に戻るのだ。
苦労して倒したPlasma Behemothが手札に戻った時、対戦相手はどんな気持ちだったのだろうか?
状況によってはリソースに回すこともできるので、リソースを伸ばしても手札に困ることは全くなかった。
BelladonnaShadow Knightとのシナジーは凄まじく、Portalでの大逆転も可能。Blood Frenzyでカードを引きまくっている戦士でもPortalからの波状攻撃で押し返すことができた。
圧倒的なまでのカードアドバンテージを誇っていたのだ。長期戦になれば負ける道理は無い

1.28~1.29 現在の能力へ・・・・が、この時代はちょっとしたバグがあった。
Portalをコントロール中に能力を使用してAllyを場に戻すとそのAllyはHasteを得ることができたのだ。
Portal効果中に手札から展開+墓地から展開。一気にひっくり返すこともできた。

1.503~
そのPortal効果が修正される。(Gravebone愛用者から悲痛の叫びが止まなかった。)

解説

ShadowのMage Hero。使用できるカードプールはMajiyaと全く同じなのだが、デッキコンセプトは全く異なる。
能力は墓地にAllyがいないと意味がなく、アドバンテージをとることが出来ない。
できるだけ大物を釣りたいものだ。
Allyを場に出すコストとカード分でテンポとハンド両面でアドバンテージがとれるが、状況を選ばなければ価値のないAllyを出すだけに終わる。
ただ、相手がNon-Allyでも能力が腐らないため特別苦手な相手というのは存在しない。
能力を効果的に使うタイミング、そしてその状況を作り出す。それはプレイヤーのあなたの仕事だ。

プレイングのコツ

Supernovaで一掃したターンに場に大型アリーを戻し場の制圧を狙うのが王道。

Voice of Winterとヒーローアビリティの相性は抜群で半ロック状態を容易に形成可能だ。
蘇生出来るためSacrificial Lambとの相性も良い。
ヒーローアビリティでの蘇生を警戒され、Crippling Blow等のアタッチメントでアリーを無効化されることが多々ある。
特に序盤ではあえてそれを狙ってSacrificial Lambを合わせれば大きなアドバンテージを得ることができるだろう。

攻撃的なオプションとしてはPortalが挙げられる。
(ただしVoice of Winterとの相性が悪いので注意!)

弱点

直接ボードに影響を与える能力ではないため、序盤のラッシュに弱い。
Mageであるため豊富な除去はあるものの、防戦一方になるとライフが少ないのもありキツイ。
苦肉の策としてSupernovaを打った頃には虫の息。骨身に堪えるものがある。

キーカードを破壊ではなくCrippling Blow等で無効化されると墓地から復帰が望めなく辛い。
対策としてはSupernovaでの自殺が有効。

自分だけ余分にカードリソースを使える能力なので、どちらも豊富にカードが使える状況だと有利さが発揮されづらい。
相手のドローエンジンは可能なかぎり破壊しておきたい。Bazaarは優先して排除すべきだ。

Armored Sandwormが苦手。
場が整っていないときに出されると、SupernovaFireballの組み合わせで倒す他なくなる。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 15 Jan 2015 23:35:25 HAST (1831d)