Interference

カード番号分類勢力種族コスト能力
ex098
アビリティ-エレメンタル4あなたのヒーローはSEが一番多い相手のヒーローのSEと同じになるようにSEを得る。相手のヒーローはあなたの次のターン開始時までヒーロー能力を使用できない。

Shadow Fontと同コストでSEを増やせる効果を持っている点で使いどころは似ている。
違いは、こちらは状況により手に入れられるSE量は変わってくるが、次のターン相手にヒーロー能力を使わせないことで隙を作ることが可能なところだ。

基本的には Shadow Fontのサブとして考え、同じ様に使えたら良いと思っておく。
相手のヒーロー能力の拘束はそうそう上手くは決まらないので、効果的に使えたらラッキーぐらいに捉えておくのが良い。
ヒーロー能力の拘束を優先して狙うのは、相手のヒーロー能力が相手デッキのコンセプトの核になっている時ぐらいである。

プレイングのコツ

SE消費4のHeroを相手にしたケースで、SEで先行できる後攻時のZaladarで効果を発揮する。

  • 4ターン目後攻 能力使用後InterferenceでSE3
  • 5ターン目先攻 相手能力使えずSE4
  • 5ターン目後攻 再度能力使用可能

このようにタイミング次第ではShadow FontDrain Powerの効果を得られる。
自分のSEは0に近く、相手にSE3溜まってる時に使うのがベストタイミングである。
Elementalisも先攻後攻問わず4ターン目に使えれば能力2回使用で相手は1ターン遅れの状況にできる。

ShadowveinSanctuaryと併用して能力制限&無理やりSEを貯めさせるというのも面白い。
Allyや装備品でSEを使う人はあまり居ないので意外と刺さる戦略かもしれない。
貯めさせたSEはShadowspawnで消そう。

他のSE関係のカードと比べるとSE獲得能力はShadow Fontに劣り、SE制限能力はShadowspawnDrain Power等に劣る。
自分は能力を使えるが、相手は使えないというプレイングを心がけよう。

弱点

4コストでは気楽に使えず出番が限られる、扱いの難しいカード。
後攻時の巻き返しには有効かもしれないが、中盤以降や先攻時は相手の状態に左右されないShadow Fontのほうがよほど使いやすい。
仮に序盤戦の理想パターンが実現したとしても、SE1のズレをどうにかしない限り次に同じ状況が起きることはほぼ無い。
かと言って4ターン目までに引けないと意味がないのでデッキには3~4枚は無いと効果は薄い。

相手のヒーロー能力の要求SEがこちらより少ない場合はさっさとSEを消費されてしまい、ほぼ役に立たないのでBanebow相手の序盤戦にはほとんど価値がない。

ヒーロー能力制限のコンボに使おうにも使うカードが多いのでうまく手札に揃ってくれず安定しない。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 09 Jan 2014 12:42:23 HAST (2486d)