Banebow

カード番号分類種族体力能力
se013
exalt013
ヒーローシャドウハンター28[3SE]:異なる対象の2体までの相手ヒーローまたはアリーに2点のダメージを与える。このダメージはアリーや防具の能力によって軽減できない。

更新履歴

~1.29 [3]:2つまでの異なる相手のヒーロー又はアリーは2点のダメージを受ける。
Underdog(負け犬)と称され不遇のヒーローであったが、バージョンアップごとに戦えるHeroとなっていく
1.26あたりから研究が進み、1.27では中堅以上の実力を持っていた。
公式大会の40枚ルール下で準優勝の実績が残っている。デッキはこちら
Humanの5コスト圏がほぼ砂蟲となった1.28-1.29環境下では戦線を追いやられてしまった。このころは下位のHeroだったのだ

1.503~ 能力のダメージが軽減されなくなった。

解説

ShadowのHunter Hero。
回転がよく使いやすいHero能力を軸にAlly、Ability、Weaponを駆使してボードをコントロールする。殴って燃やす、いわゆるステロイド型のデッキタイプとも言える。
ドローの良し悪しにかかわらずHero能力はSEがあれば発動することが可能である。Hero能力は3SEと回転が早い上、ボードに干渉する能力であるので安定度は高い。
序盤のラッシュの切り返しもかなり強く、全Heroトップクラスの安定度をもつ。
先行して序盤で基盤を築く、あるいは序盤をうまく切り返すことができれば、終盤に強いShadowのAllyが後押しをしてくれるだろう。
攻守ともにバランスのとれたHeroだが、扱いはやや難しい。ある程度ゲームに慣れてから使用してみよう。

プレイングのコツ

1.27~Death Mage Thaddeus の追加により、応用力が増した。後攻でも切り返しが容易にできる。
(例)

2.00~ Furrion Terrorの追加によりさらに隙がなくなった。
切り返しの例はたくさんあるのでいろいろと生み出してみよう。

The Perfect Shotで、やっかいなAeon砂蟲にも対処がやりやすくなった。
こちらのボード攻撃力がない状態でもどうにかなる可能性があるのは大きい。大きすぎる。
Morbid Acolyteも良き相棒である。
パッシプ能力を無効化してくれ、戦況を有利に導いてくれるだろう。

序盤のみならず中盤、後半でも切り返しが強力なHeroとなった。
初心者でもおすすめできる使いやすいHeroとなったのだ。

ある程度ボードを握ったらWrath of the Forestで除去への保険をかける。
Soul SeekerはAllyの援護がメイン。相手の体力があるうちはボード維持のため弾は残しておこう。
トドメを刺せる場合は躊躇せず本体へ直行。数少ないHunterらしさを出せるシーンである。

弱点

防御力のあるGargoyle,Armored Sandwormが苦手。序盤からGergoyleを並べられると涙も枯れる。
(現在では各種Arrowの変更、Hero能力のダメージ軽減不可によりかなり対処出来るようになっている。)

除去がダメージのみなので、終盤にタフネスの高いAllyを次々と出されると対処が追いつかない。
RavenAeonで「蓋をされる」と詰みに近い。Aeonの保護下でやっかいなAllyが隠れているとまずい状況となる。
The Perfect Shotが頼りだ。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 16 Jan 2015 00:33:18 HADT (1966d)