Mugged!

カード番号分類勢力種族コスト効果
se109
アビリティ-ローグ3対象の相手のアリーを1ターンの間、無力化(disabledに)する。カードを1枚引く。

Ver1.503にて効果がガラリと変更されもはや全く別のカードに。

プレイングのコツ

同じくコスト3でドロー効果のあるReconnaissanceと比べるとこちらは守りに向いているか。
放置して時間を稼ぐも良し、反撃できなくなるのでその間に削り倒すも良し。

Assassinationとの差別化は手札が減らないということ。
Assassinationが1枚のカードと1体のアリーを行動済みにして1体のアリーを倒せる一方、
Muggedは0枚のカードと2~3体のアリーを行動済みにして、1体のアリーを倒せる。
つまり、アリー主体のデッキを使う場合は、Muggedの方が多くのカードアドバンテージを
もたらしてくれる可能性が高い。

弱点

除去したいアリーの体力が大きい場合、MuggedではAssassinationほどのアドバンテージは得られない。
特にArmored SandwormAeonElementalisで強化されたアリー等。
Assassinationと比べても、必要なアリーの数が多く、使える状況は限定される。

相手のアリーが居ない場合には使用できないため、キャントリップ目的の空打ちはできない。

相手のアリーから反撃を受けないことが目的なら、
AnklebreakerNightshadeLanceの能力があれば事足りるのでは。
テンポをとる目的で、Mugged!Jasmineと展開しても、
結局は相手に更なるアリーの展開を許してしまう。Retreat!のようにはいかないので、これもAnklebreakerに任せて良いだろう。
カード・アドバンテージを失わない目的でこのカードを出している暇があったらIGGを出したい。
相手のアリーを足止めすることが目的だとしても、ローグはアリーを大量に並べられると逆転が難しいので、あまりお勧めできない。
総じて、キャントリップがついていて、腐りにくい効果なのだが、3コスト分のカードパワーを発揮できる機会は非常に限られるかもしれない。

その他


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 09 Jan 2014 13:42:28 HADT (2337d)